どんなときもWIFIのケース

2020/2/25

【100均でもOK!】どんなときもWIFI「D1(U2s)」にはケースがあると安心

どんなときもWIFIで使用するルーター端末はレンタルです。 レンタルということは解約時に返却が必要 もし壊してしまった場合は1万8000円もの高額な弁償金を支払う必要があります。 かなり高額な弁償金ですので、どんなときもWIFIのルーター端末は大切に使わないといけません。 そんなときに有ると安心なのがルーターを入れるケース ケースに入れて使っていれば、ちょっと雑にカバンに放り込んでもルーターに傷を付ける心配がありません。 安心感が格段に上がります。 そこで、どんなときもWIFIで使用するルーター「D1(U ...

ReadMore

どんなときもWIFIのルーター

2020/2/23

どんなときもWIFIは遅い?評判・口コミを徹底レビュー!

無制限ポケットWIFIってたくさんありますよね。 でも・・・ 最近「〇〇WIFI」という商品がたくさん出ていてどれが良いのか分からない・・・。快適に使えるのか実際に使っている人の感想を知りたい・・・。 そんな風に思いますよね。誰でも失敗はしたくないですから。   無制限ポケットWIFIをお探しなら「どんなときもWIFI」が超オススメです! どんなときもWIFIおすすめポイント 無制限ポケットWIFIで最安値級の月額料金 月300GB以上使っても平気な圧倒的通信量 混雑時間帯でも高速で安定した通信 ...

ReadMore

どんなときもWIFI不満

2020/2/23

【いつでも解約サポート】どんなときもWIFIなら違約金0円で乗り換え可能!

どんなときもWIFIなら違約金0円で他のポケットWIFIや固定回線に乗り換えることができます! 『通信速度が期待したほど速くない』 『ポケットWIFIじゃなくてやっぱり固定回線にしたい』 どんなときもWIFIを使っていてこんなことを思うこともあると思います。 通信速度は今は良くても将来的に遅くなる可能性がありますし、通信の安定性はやっぱり固定回線が圧倒的ですからね。 しかし、どんなときもWIFIならそんなときでも大丈夫です。 どんなときもWIFIには『いつでも解約サポート』というサービスがあります。このい ...

ReadMore

どんなときもWIFIのルーター

2020/2/25

どんなときもWIFIのルーターは1種類『U2s(D1)』だけ!

WIMAXなどのポケットWIFIを使うとき、たくさんの種類のルーターから自分好みのルーターを選ぶことができます。 大きさ、重さ、バッテリー容量、通信速度など、ルーターにはそれぞれ特徴があります。 しかし、どんなときもWIFIでレンタルされるポケットWIFIルーターは1種類だけ。 『U2s』というルーターです。 サービス提供開始当初は『U2s』という端末名のルーターが提供されていましたが、現在は『D1』という端末名のルーターが送付されていきます。端末名が改名されただけで、性能は『U2s』と『D1』で全く同じ ...

ReadMore

パソコンとスマホと本

2020/2/25

どんなときもWIFIは初期設定が必要!防護機能の解除方法紹介

ポケットWIFIの大きなメリットの1つに『初期設定が不要』ということがあります。 電源を入れればすぐにネットが使える! 機械に詳しくない人や面倒くさがりな人にとって凄くありがたいことです。   しかし、どんなときもWIFIはポケットWIFIですが使い始めるときには初期設定が必要です。 初めに『防護機能』というものを解除する必要があります! 何かメンドくさそうだなと思ってしまうかもしれませんが、5分もあれば誰にでも簡単に解除できますので大丈夫です。 そこでこの記事では、どんなときもWIFIの防護機 ...

ReadMore

2020/2/23

どんなときもWIFIは接続台数5台まで!繋がらないときの確認方法と解決策

どんなときもWIFIでネットに接続しようとしたら『あれ?どんなときもWIFIに繋がらない?』 そんなときは同時接続台数が原因の可能性があります。 インターネットを使っていて普段あまり意識していないことですが、どのくらいの数の端末をインターネットに接続していますか? パソコン スマホ タブレット HDDレコーダー Amazon fireTV Stick 最近は、パソコンやスマホだけでなく、HDDレコーダーやAmazon fire Stickなどの機器もネットワーク接続が可能となっていますので、数えてみると思 ...

ReadMore

2020/2/23

どんなときもWIFIの『あんしん補償』は基本的に必要ない!

どんなときもWIFIのオプションサービスに『あんしん補償』というオプションがあります。端末が故障したときのためのオプションサービスです。 どんなときもWIFIの申込みをするとき、この『あんしん補償』って加入しておいた方が良いの?と悩むと思います。 万が一のときのことを考えたら加入しておいた方が良いのかなぁ、と思いつつも毎月のオプション料がかかりますからね。出来れば無駄な費用は払いたくありません。 そこで、この記事ではどんなときもWIFIの 『あんしん補償』オプションの内容 『あんしん補償』オプションって加 ...

ReadMore

2020/2/23

どっちが良い?どんなときもWIFIとWIMAX比較

ポケットWIFIと言えば『WIMAX』 WIMAXは知名度では『どんなときもWIFI』と比べ物にならないくらい有名です。 では、どんなときもWIFIとWIMAXどちらが良いポケットWIFIでしょうか? 次のポイントから比較してみました。 月額料金 契約期間 通信速度 通信可能エリア 速度制限 結論的には『どんなときもWIFI』がおすすめです。ポケットWIFIをお探しの方はWIMAXよりも『どんなときもWIFI』を選びましょう。 データ容量無制限ポケットWIFI公式サイトはこちらトリプルキャリアでインターネ ...

ReadMore

2020/2/23

どんなときもWIFIの支払方法は3つ!クレジットカード払いが1番お得

どんなときもWIFIの支払方法には クレジットカード 口座振替 請求書払い これらの3種類があります。 クレジットカードが無くても契約できるのは有難いところですが、どれでも同じという訳ではありません。 どんなときもWIFIはクレジットカードで支払うのが1番お得になります。 そこでこの記事では、どんなときもWIFIの支払方法について説明します。 データ容量無制限ポケットWIFI公式サイトはこちらトリプルキャリアでインターネット使い放題 目次1 どんなときもWIFIの支払方法は3つ2 どんなときもWIFIの請 ...

ReadMore

ルーター

【100均でもOK!】どんなときもWIFI「D1(U2s)」にはケースがあると安心

どんなときもWIFIのケース

どんなときもWIFIで使用するルーター端末はレンタルです。

レンタルということは解約時に返却が必要

もし壊してしまった場合は1万8000円もの高額な弁償金を支払う必要があります。

かなり高額な弁償金ですので、どんなときもWIFIのルーター端末は大切に使わないといけません。

そんなときに有ると安心なのがルーターを入れるケース

ケースに入れて使っていれば、ちょっと雑にカバンに放り込んでもルーターに傷を付ける心配がありません。

安心感が格段に上がります。

そこで、どんなときもWIFIで使用するルーター「D1(U2s)」を入れるケースについてご紹介します。

ルーター「D1」と「U2s」は同じものです。

サービス開始当初は「U2s」として提供されていましたが、現在はどんなときもWIFIのロゴが入って「D1」という独自名称で提供されています。

つまり、どんなときもWIFIのロゴ入り「U2s」が「D1」です。

関連どんなときもWIFIのルーターは1種類『U2s(D1)』だけ!

月額3480円でネット使い放題

どんなときもWIFI公式サイトはこちら

トリプルキャリア回線対応でどこでも使える!

どんなときもWIFIを申込むときの付属品にルーターケースは無い

モバイルルーターをレンタルや購入などするときに、付属品としてルーターケースを付けられる場合があります。

無料で付いてくる場合もありますが、だいたいは有料オプションです。

しかし、どんなときもWIFIには残念ながらルーターケースを付属品として付けられるオプションはありません。

そのため、どんなときもWIFIのルーターにケースを付けたい場合は自分で準備するしかありません。

ケースはありませんが、ストラップは付属品として付いてきます。

月額3480円でネット使い放題

どんなときもWIFI公式サイトはこちら

トリプルキャリア回線対応でどこでも使える!

 

どんなときもWIFIのルーター「D1(U2s)」の専用ケースは一応ある

どんなときもWIFIのルーター「D1(U2s)」には専用ケースがあります。

「U2」と「U2s」専用のケースですので、間違いなく使える商品

キャンバス調PUレザー素材でU2s特有の角のでっぱりもカバーしてくれます。

デザインもシンプルで持っていて恥ずかしくありません。

楽天市場での評判も上々です。

私が調べたところでは「D1(U2s)」の専用ケースはこの1つしかありませんでした。

月額3480円でネット使い放題

どんなときもWIFI公式サイトはこちら

トリプルキャリア回線対応でどこでも使える!

 

【100均でもOK】「D1(U2s)」のケースは代用品を使うとコスパが良い

お金に余裕があるのであれば上記「D1(U2s)」の専用ケースを使うのが間違いありません。

しかし、いかんせん値段がそこそこします。

現時点で2000円前後の値段

私のような貧乏性の人にはチョットためらってしまう値段です。気軽に購入できません。

そこで、もっと安く購入できるものでルーターのケースに代用できないか考えてみました。

ルーターケースの代用品の例

ケースの代用品としては次のようなものが考えられます。

  • デジタルカメラのケース
  • スマホケース
  • 小型のポーチ

100均でも売っていますので、ダイソーなんかで探してみるとピッタリなものがあるかもしれません。

ケースを探すときの注意事項はサイズ

ルーターケースになるものを探すときに注意が必要なのはサイズ

「D1(U2s)」のサイズ127 x 65.7 x 14.2 mm

この大きさのルーターがすっぽりと入るものが必要です。

特に「D1(U2s)」は角が1か所出っ張っていますのでこの部分も保護されるケースがベスト

他にはクッション性があったり、防水だったりするとさらに安心感があります。

 

ルーター破損に備えたオプション「あんしん補償」はどうか?

どんなときもWIFIには「あんしん補償」というルーターの故障に備えたオプションサービスがあります。

しかし、個人的には加入しなくて良いと思っています。

「あんしん補償」は月額400円(税別)かかる有料オプションですので、2年間契約したとすると合計9600円

なのにルーターの「盗難」「紛失」の場合は補償してくれません。

オプション料金を支払うのが正直もったいない…

詳しくは次の記事をご覧ください。

関連どんなときもWIFIの『あんしん補償』は基本的に必要ない!

月額3480円でネット使い放題

どんなときもWIFI公式サイトはこちら

トリプルキャリア回線対応でどこでも使える!

 

どんなときもWIFIルーター端末ケースまとめ

どんなときもWIFIのルーター端末ケースについてご紹介しました。

どんなときもWIFIのルーターはレンタルですので、解約後に返却する必要があります。

もしルーターを破損させた場合は1万8000円もの弁償金が発生

かなり高額な弁償金ですのでどんなときもWIFIのルーターは大切に使いましょう。

専用ケースを使うのが間違いないですが、100均で購入できる代用品のケースでもあると安心感が違いますよ。

月額3480円でネット使い放題

どんなときもWIFI公式サイトはこちら

トリプルキャリア回線対応でどこでも使える!

-ルーター

Copyright© どんなときもWIFIなび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.